FC2ブログ
 

カザオト

 
 
プロフィール

ごとぅ

Author:ごとぅ
エロゲ声優オタ

最新記事
最新コメント
バナー
『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』応援中です!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キサラギGOLD★STAR 感想 

今日は沙弥√と他サブ√攻略しました。


沙弥√。

はいはいメインヒロインですよー。
サンプルボイス聴いた時はどうなるかと思ったけど、案外気にならずに進められたので良かった。
新人声優さん?と「わっし」という1人称。初めて聞いたときは本当にこれで大丈夫かと。

沙弥と二見の絡みは見ててほのぼのとしてたっていうかなんというか。私も沙弥みたいな幼なじみ欲しかった!
なんか友達って感じがしっくり来たかな。や、女の子としても可愛いんだけどね。可愛いより楽しいって印象が強かったかも。
芸能界()からの勧誘、歌姫推薦、歌対決、歌とは何か、月への帰還。
沙弥はメインだけあって、今まで他のルートではそこまで出てこなかった月のことが多く描かれてました。
タイムカプセル埋めた時の話もここで。
プロローグにもあったタイムカプセル埋めに行くボートのシーンで、沙弥がいないってのは当たってたなぁ。その後タイムカプセル埋めるシーンでは沙弥いたので、アレ?と思いましたが、そっち側で会っていたってこととは。
沙弥は「人々を幸せにするために」歌っていた。だけどそれは沙弥の一方的な思い。
そのことは英子が「傲慢」だと表現していたけど、相手がどう思うか関係なく幸せになるからって歌うのはそうかもね。中にはそれでも幸せになった人もいるだろうけど。
歌うことで人を傷つけたことがあるって言っていたのは、そういうところからか。ただどう傷つけたのか、誰を傷つけたのかを描写してなかったので、少し浅かったかな。沙弥のスランプ、歌姫の話の拒否はここから。
何故か三日と歌対決することになって、そこで二見と共に闘うのだけど、二見が書いてくれた歌詞や二見と恋人関係になることで、歌で人を幸せにするというのはどういうことかを学ぶ。
それから恋人になって、いちゃつくんですが、ちゅーがどんなんなのかで揉めたりとか楽しかったですね。エッチシーンの一つでは、一緒にAV借りに行って、そのAVの内容を真似てえっちするとか、面白い展開でしたwしかもそのAVの中身があれとはねぇw
最後の大イベントは沙弥が月に帰ってしまうかどうか。
途中で沙弥が連れさらわれるけど、幼なじみ達の協力もあって沙弥を見つけ出す。
この幼なじみ達の協力っていうのが私にとって堪らない展開。ピンチの主人公、ヒロインのために仲間が助けてくれるっていうのは大好きなんですよ。もちろん翼ルートでのいちかの登場も最高に好きです。
ただここももう少し上手くやってくれなかったものかと・・・。
キサラギのシナリオ全体に言えるんですが、あっさりしすぎてるんですよ。すんなりいきすぎるんですよ。
ピンチピンチピンチの連続とかそういうのないんですか。
最後に二見がギター持って歌いだすのは良かった。っていうかBGM格好良かった。「俺の歌を聴け」ってタイトルのBGMだったかなw
結局沙弥は月の戦争?止めるために一度月に帰っちゃうんだけど・・・エンディングでこっちに戻ってきてていつもどおりの幼馴染が描写されてた。最初のやり取りをもう一度繰り返してたのも好きな感じで良かった。おいも。
二見が月に行く!っていう展開でも熱くて好きだったけどねー。
瞳をもっと活躍させてよって思うのは私だけ?


サブヒロイン√の感想。
冬理可愛かった、奈々子さん可愛かった。英子、桂子面白かった。
キサラギキャラの中で桂子かなり好きだわ。

好きな順に並べると
翼>>>>>>>桂子>沙弥=二見(シスコン)>奈々子さん≧冬理≧にちか>いちか>命>他


残るはTRUEだ。
まだまだ気になる点もまだあるんですよねー。
・二見の父さんのこと
・宇宙開発局?
・瞳の恋の相手
・二見の存在(月じゃなくて太陽?)
・月に住む人達のこと

今思い出せるのはこのぐらいかな。もう少しあったと思うけど
TRUEは幼馴染が幼馴染として終わるEND期待。







キサラギ感想 

キサラギ、いちか√、命√終わりました。
ということで感想。ネタバレばっちり。



いちか√。
この√は凄く笑わせていただきました。シスコン馬鹿兄貴がもう本当楽しくて。
選択肢もバカらしい選択肢があって、全部それ選ばせていただきました。シスコン兄貴面白すぎです。
「どこの美少女かと思ったらうちの妹じゃないか」とか
「時々いちかには羽が生えてるように見えるんだ」とか
シスコン兄貴まじw
まぁただ、「兄妹」って関係から「恋人」って関係になろうとしてからは、いまいち・・・。
いちかの夢は「強くなること」。けど何故強くなりたいのかを忘れていて腕輪が光らない。
いちかが不調になって、なんやかんやで妹決定戦。てか妹決定戦ってなんなんですかww
いちかの不調の原因は強くなって家族――二見を守りたかったのに、逆に色々守られてるってことに気づかされたとかとも思ったけど、兄を恋愛対象に見ちゃったからなんですね。
元々「二見と家族、兄妹でいたい」という願いでもあって、いちかは頑張って兄妹になろうとしてたんだけど、恋心が芽生えちゃって、自分の今の心と昔の願いに矛盾が生じたと。
その矛盾により「恋人」になりたい、いちかと「妹」という願いのいちか――にちかに分離。
この対比は、実在の人物にさせることによってわかりやすく演出できてたのかな。
最後も月詠祭で二人を対決させて、決着付けさせたしね。
しかし「妹」と「恋人」ってテーマはありふれてるよね。分離したところは、おぉ!って思ったけど。
兄妹で!家族でいなきゃいけないの! → 結婚しよう!まぁよくある話。
いちかが結婚に対して不安を抱いてるのに、二見特に何も考えずに結婚しようって言ったのが・・・
というかこの√、ほぼ二見何もしてなかったような。

妹キャラのオナニーシーンがあるのは普通のことなんですかね。
エンディングは二人の結婚式。二見といちか、そして子供のにちか。
よくある終わり方ですが、こういうの大好きです。幸せそうで。

この√は二見のシスコンっぷりが楽しい√でした、まる。


命√。
立ち絵、CGが一番安定してたのはこの娘だったかな。
命は一見落ち着いてるように見えるんだけど、意外に押しに弱いという女の子でした。
シナリオは・・・まぁ普通レベル。
イベントは撫でる感じであっさり終わっていきました。あまり深く突っ込んでかなかったなぁ。
母親の結婚というイベントでは、命は母親に迷惑をかけないように、母親は命にもっと甘えて欲しいと思っていたりとこのすれ違い感を解決し、終わり。その後母親出てこなかったのがなんとも・・・。
で、命が学院寮に入寮。幼馴染があの長屋から離れちゃうことは個人的には嫌だったなぁ。
冬理が出てきて、命の出生のことで命を追い詰める。結局すぐ折れちゃってなんだこれって感じですが。こういうところがあっさりなんだよなぁ。
実の父親との邂逅の感じは、良かったけどね。

命の願いは「父親に会うこと、父親に認められることだった」のかな

キサラギGOLD★STAR 感想 

ネタバレあります。



本日の9時半ぐらいにヤマトさんが届けてくれました。
早くやりたい一心で昨日の夜に、9時に届けてくださいってお願いしてすみません。ありがとうございました。
体験版は既にやってありましたが、もう一度伏線を確認するために再プレイ。体験版部分4時間半もかかっちゃいましたけど。

まず体験版で気になった点
・10年前に預けられた子は一体誰か?沙弥っぽくはある
・「ごめんなさいいちかちゃん悪い子で」の台詞に対し「!!!」家族関係あたりで何かあるかな?
・二見は特待生じゃないのに更衣学院に入学している
・母親は死んでいる?父親は?
・告白ブームは何故起きた?
・腕輪は月の魔力を与えてくれるもの。仮初の力。夢が叶うときに光る?
・タイムカプセルには皆の夢が?
・新聞配達ミス
・「兄妹だけど似てないね」
・二見の過去に何が?
・委員長は腕輪、月関連について知っている。
・二見自身もみんなに無意識に隠し事?
・瞳に野球の話をするのはタブー?


最初は翼√から。およそ5時間30分ぐらいかかりました。

シナリオは少し不満点はあるものの、展開に上手く納得させられたり、効果的に演出していたりと面白い所も多くありました。
翼√での良かったところはピュアな恋愛模様とかいちゃらぶとかですね。始終にやにやしつつ見ていました。翼可愛い。本当に可愛い。
翼は他のヒロインとは違って二見にどんどんアピールするわけですが、それが遠回しな言い方だったり邪魔が入ったりで毎度のごとく失敗してる報われない女の子です。報われない不幸な女の子っていいよね。健気だなぁ。
で、邪魔が入ったりするとブラックモードに突入しちゃいます。そこもまた可愛いんですけど。
女の子のアピールに気づかないヘタレは嫌いなんですが、そこはライターが上手くやっていて二見には悪印象持ちませんでした。大体外部からの邪魔なので、ヘタレってところが現れなかったんですよね。ヘタレ発動しても、ブラック翼のおかげで見てて面白い感じになりましたし。
シナリオ途中途中でもっとここは掘り下げてもいいのにっていう箇所が多々見られました。
序盤の、ライバル登場→翼絶好調→翼スランプ、の流れが早すぎた気がします。少し間を置いてくれた方が良かったかも?


翼のシナリオでは、恋人関係になったとき幼馴染との関係はどうなるか、翼の夢、商店街との関わり方、親との関わりが主に語られていたでしょうか。


沙弥たち幼馴染の活躍も良かったですね。
このまま恋人関係になってしまえば6人の幼馴染の関係が壊れてしまうのかと危惧し、その先に進めなくなる二人に対し、沙弥が「一番大切なものは譲っちゃダメ」と演技をして、翼に告白させる踏ん切りつけさせたりとか。
まぁここも展開が早くて、翼の告白にいまいちムードがなかったのが少し残念。
告白した時に力が抜けてしまってぺたんと座り込むところとか良かったですが!

付き合いだしたぐらいに、いちかを剣道部の合宿に行かせたのが、家でえっちするための準備なんかなぁって思って若干冷めたけど、いちかとの電話は笑わせられたなぁ。これはライターにやられたって思いましたw

デートの時は本当にやにやモノでした。デート計画のために夜更かししちゃって、デート中に寝ちゃうとか本当になんなのこの子。頭なでなでしたくなっちゃうし。
ご飯作ってあげるとか甲斐甲斐しいし、ただ料理は下手、だけどその料理も頑張ってて凄い健気。翼は尽くしキャラ。

最初は「ピアニストになって大金持ちになる」「早くこんな商店街から出て行きたい」と思っていた翼だけど、母親の気持ちや昔ピアノを始めるきっかけを思い出して、ただ単純に「他の人に、好きな人にピアノを聴いて欲しかった」ことを思い出す。これが夢となった翼は、学院で発表しピアニストになる道を捨て、商店街で奮闘する二見の元に向かい、一緒にピアノを弾く。
ここできっちりと自分の中の「夢」を見つけ出したのが収まり良いですね。下手したら学院退学でもいいのかよ、ってなるわけですが、翼はそこも踏まえてどうするか、どうしたいかを考えて決めてましたから。
シナリオ展開は若干荒かったものの、翼や二見の行動にしっかりと理由があって、納得できるもので、終わり方とかは綺麗だったなぁ。

最後は翼が保母さんになってましたが、これは少し弱かったかな、と。最後らへんに1回だけ保育園でピアノ弾いてる子の話があったぐらいだからなぁ。子供好きだったとかそういう設定があれば良かったのだけど。




グダグダと書いてきたわけですが、簡潔にまとめると

シナリオは荒いものの納得できる運びになっていて良かった。
いちゃらぶ分が凄い。翼可愛い。

ってところでしょうか。キャラゲーとしては良シナリオだったかと。

失われた未来を求めて 感想 

いつも通りネタバレとかあるかもなのでご注意を。


ということで、失われた未来を求めての感想。

・システム
正直そこまで充実してるわけじゃない。かと言って不便って言うわけでもない。
文字速度、音量調節(キャラクターごとの調節はなし)、スキップ。まぁ少し物足りない感はあるか。
演出効果の速度設定、ウィンドウ透過率ぐらいは欲しかったかも。
ただ画面サイズについては自由度が高かったですね。ウィンドウ、フルスクリーンの2択じゃなくて、ドラッグでサイズ変更できるという。これはありがたい仕様。
口パク、目パクがあって、立ち絵は見てて結構楽しいかも。


・シナリオ
若干グダグダしてたかなぁという印象。特に何が起こるわけでもないのに長くて、冗長に感じる部分はありましたね。無駄な部分もそこそこありましたし。サイトウケンジっぽいとは思いましたが。
物事を引っ掻き回すキャラが多くいるのも原因かも。基本主人公以外がそんな感じですし。テンポが悪い。面白いやり取りなら良いんですが、体験版ではそこまではなかったかな。
他にも、キャラの異様なまでの察しの良さとか、主人公がよく物を考える描写があるところとか、サイトウケンジが関わってるんじゃないかなっていうのが所々にありました。

良シナリオになる気配ですが、ただ上でも言っている通りグダグダする可能性が高いです。


あ、佳織が凄く可愛かった。






続き →

キッキングホース★ラプソディ 体験版感想 

ALcotハニカムの新作キッキングホース★ラプソディの体験版プレイしました。

キッキングホースは「蹴る馬」ですね。
人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて地獄に落ちろ、ってところからですw

主人公とヒロイン2人が、町中のカップルの手助けをするバイトをしているのですが、
その3人が恋におちたら、どうなってしまうのか的な話です。
しっかしバイトでカップルの仲の仲裁とか手助けとかするってまた面白い設定ですね。
現実にあって、もし自分がやってたとしたら、なんとなくみじめにもなりそうな気もしますが。
で、何故か敵の恋愛お邪魔団というのもあったりして、笑えましたね。

おそらく3角関係の恋愛として進んでいくんでしょうが、どうなることやら。
上手くやらないと、ヒロインの片方ウザく感じるようになってしまいますからね。
まぁそれでもいいのだけど。
原画はミヤスリサさんで可愛らしい絵ですね。制服が水色と白を基調としてて素晴らしい。
シナリオライターは保住圭。いちゃらぶ書かせたら上手いと評判な方ですね。
体験版の中でも、恋人のふりをするという流れの中で、女の子の照れや恥ずかしさというものを上手く描いてたかな。なんかにやにやした。

最初は、ヒロイン二人、のばらと志乃がとらドラ!の大河とみのりんに見えました。まぁ最初だけですが。
のばらがちんまくて(巨乳だけど)、他の人に当り散らす場面と、
志乃が勢いがあるバカキャラってだけなんですけどね。
体験版進めていけば、それぞれのキャラの個性とかも見えてきてやっぱり違うとは思いましたけどね。
でも私の中の志乃のイメージはまだみのりんのままですw

のばらが凄く可愛いかった。
小さくて、でも巨乳っていうの俺の好みかもしれんね。
でもロリ巨乳は好きじゃない、というかロリ自体があんまり好きじゃないんですよね。
主人公と同年代だけど、身長が150ないぐらいで、でも巨乳っていうのが好きなんです。
んで
のばらは可愛い顔して、若干口が悪い。これも俺の好きな部分ですね。
例えばスズノネセブンのすみれとか大好きですし。「~しやがってください」とか雑なんだか丁寧なんだかわからない口調が良いよね。
声は民安ともえさんでボイス公開されたときは、民安さんの声って少し苦手だからなぁ(←良い民安キャラにめぐり合わなかっただけかも?)って思ってたので、不安だったのですが、これが中々どうして。
のばらというキャラに民安・・・凄く良い。合ってる。もう民安さんしか考えられない。

のばら√やって、えっちシーン観たいなぁ。
のばらにしか惹かれなかったので、本作は見送りですかね。
フルプライスじゃないので買ってもいいとも思うんですが、12月が・・・。
ま、12月の他のエロゲ体験版もやってみて、どれ買うか決めましょうかね。

twitter
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。